所在地 
島田市中央町5の1  プラザおおるり2階
 
 
TEL   
0547-36-7219
 
 
FAX   
0547-37-8982
 
 
E-mail  
 
 
 

 島田市体育協会は、28種目の競技団体と、32団のスポーツ少年団により構成され、 アマチュアスポーツの普及振興と、競技力の向上及び地域スポーツの発展に寄与する 団体です。
  毎年、競技団体が一堂に集まり「島田市民スポーツ総合開会式」を開催し、各種競技においての1年間の活躍を誓うとともに、功労者、 優秀指導者、優秀選手等の表彰を行っています。また、地域スポーツの振興とスポー ツを通じたコミュニティの形成を目的に自治会親善大会としてゲートボール、ソフトボール、グラウンド・ゴルフ、バレーボール、インディアカの5種目の大会を開催しています。




昭和28年 3月 8日
昭和32年10月 1日
平成17年 5月 5日

旧島田市体育協会が12種目の競技団体加盟により設立
旧金谷町体育協会が10種目の競技団体加盟により設立
島田市・金谷町が合併 新島田市が誕生
同日、新島田市体育協会が21競技団体と38団のスポーツ少年団の加盟により設立

平成17年 6月25日
平成18年 6月 1日
平成20年 4月 1日

平成20年 4月 1日
平成22年 4月 1日
平成24年 4月 1日
平成25年 4月1日
平成26年 4月1日
平成26年 4月1日
平成28年 5月1日
令和2年5月17日 
令和2年5月17日
現 在

島田市体育協会設立総会を開催
島田市スポレック協会が加盟
島田市・川根町が合併 
同日、島田市体育協会と川根町体育協会も合併
島田市武術太極拳連盟が加盟
島田市合気会が加盟
島田市トランポリン協会が加盟
島田市エアロビック連盟が加盟
島田ファミリーバドミントン協会が加盟
島田市体操協会が加盟
島田市ゴルフ連盟が加盟
島田市テニス協会が退会
島田市タッチラグビー協会が加盟
現在28競技団体と32団のスポーツ少年団



島田市野球連盟
島田市陸上競技協会
島田剣道連盟
島田市ソフトボール協会
島田市卓球協会
島田市柔道協会
島田市バレーボール協会
島田市バスケットボール協会
島田市ソフトテニス協会
島田市水泳協会
島田市弓道会
島田市サッカー協会
島田市空手道連盟
島田市バドミントン協会
島田市タッチラグビー協会
島田市ゲートボール協会
島田市アマチュアレスリング協会
島田市グラウンド・ゴルフ協会
島田市綱引連盟
島田市ふれあいインディアカ協会
島田市スポレック協会
島田市武術太極拳連盟
島田合気会
島田市トランポリン協会
島田市エアロビック連盟 島田市スポーツ少年団
島田ファミリーバドミントン協会 島田市体操協会 
島田市ゴルフ連盟  
   
       
第1章 総則
   
     
(名称)
   
第1条
 
この会は、島田市体育協会(以下「本会」という。)という。
   
     
(事務所)
   
第2条
 
本会は、事務局を島田市中央町5番の1(プラザおおるり内)におく。
   
   
   
第2章 目的及び事業
   
     
(目的)
   
第3条
 
本会は、スポーツを振興し、市民の体力向上及び健康の増進を図り、かつ、スポーツ精神を養うことを目的とする。
   
     
(事業)
   
第4条
 
本会は、前条の目的を達成するために次の事業を行う。
   
   

(1)

 
市内を総括する種目別競技団体及びこれに準ずる団体(以下これらを「競技団体という。)の育成強化及び相互の協調を図ること。
   
    (2)  
各種スポーツ大会、スポーツに関する講習会及び講演会の開催に関すること。
   
    (3)  
スポーツの普及、奨励及び競技力の向上を図ること。
   
   
(4)
 
地域別、職域別等の諸団体のスポーツの推進を図ること。
   
   
(5)
 
スポーツ少年団をはじめ青少年スポーツの健全育成及び指導に関すること。
   
   
(6)
 
スポーツ施設の整備拡充の研究及び推進を図ること。
   
   
(7)
 
スポーツ振興について、市若しくは市の機関等の諮問に応じ意見を述べ、又は施策に協力すること。
   
   
(8)
 
日本スポーツ協会、県スポーツ協会及び近隣市町村体育協会との連絡調整を図り、それらの要請に協力すること。
   
    (9)  
スポーツに関する調査研究を行うこと。
   
    (10)  
スポーツに関する功労者等の表彰を行うこと。
   
   
(11)
 
その他本会の目的達成に必要な事業を行うこと。
   
         
     
第3章 組織
   
    (組織及び資格)    
第5条
本会は、競技団体で本会の趣旨に賛同し、かつ、本会に加盟した団体(以下「加盟団体」という。)及び島田市スポーツ少年団本部をもって組織する。    
 2  

加盟団体は、別に定める島田市体育協会加盟団体等に関する規程を遜守しなければならない。

   
   
第4章 加盟及び退会
   
   
(加盟又は退会)
   
第6条
本会への加盟又は退会は、理事会の決議を経て総会に報告しなければならない。
   
 2   加盟団体は、その資格を失ったとき又は不適当と認めたとき、理事会及び総会の決議決を経て退会しなければならない。    
           
第5章 役員
   
   
(役員)
   
第7条
本会に次の役員をおく。
   
    会 長
1名
   
    副会長
3名
   
    総務委員
若干名
   
    理 事
加盟団体選出  各1名   加盟団体以外からの選出 2人
   
    評議員
加盟団体選出  各2名  スポーツ少年団本部からの選出 2人
   
    監 事
2名
   
      (役員の選任)    
第8条
役員の選任は、次のとおりとする。
   
   
(1)
 

会長は、第14条第5項の会長候補者選考委員会の推薦により、総会の承認を得て選任する。なお、会長就任と同時に理事の資格を有するものとする。

   
   
(2)
 
副会長は、会長の推薦により理事会及び総会の承認を得て選出する。なお、副会長就任と同時に理事の資格を有するものとする。
   
   
(3)
 
総務委員は、会長、副会長、島田市スポーツ振興担当課長の協議により指名された者とする。
   
   
(4)
 
加盟団体から選出する理事は、理事会及び総会の承認を得るものとする。
   
   
(5)
  加盟団体以外から選出する理事は、島田市スポーツ振興担当課長及び島田市スポーツ少年団本部長とする。    
    (6)  
監事は、会長の推薦により理事会及び総会の承認を得るものとする。
   
  2     会長、副会長及び監事が理事又は評議員から選出された場合は、その加盟団体は、これにかわる理事又は評議員を選出するものとする。    
   
(役員の職務)
   
第9条
役員の職務は次のとおりとする。
   
    (1)  

会長は本会を代表し、会務を総括する。

   
    (2)  
副会長は、会長を補佐し、会長に事故あるときは、会長があらかじめ指名した副会長が、その職務を代行する。
   
 
総務委員は、理事会に付議する事項を審議する。
   
    (4)  
理事は、総会に付議する事項及び総務会から諮問された事項を審議する。
   
    (5)  
評議員は、総会において議事を審議する。また、会長の要請により理事会に出席して意見を述べることができる。
   
    (6)  
監事は、本会の会計を監査し、理事会及び総会に報告する。
   
   
(役員の任期)
   
第10条
役員の任期は、選任後2年以内に終了する会計年度のうち最終のものに関する総会の終結の時までとし、再任を妨げない。
   
 2   任期の満了前に退任した役員の補欠として選任された役員の任期は、退任した役員の任期の満了する時までとする。    
 3  
役員は、第7条に定める定数に足りなくなるときは、任期の満了又は辞任により退任した後も、新たに選任された者が就任するまで、なお役員として権利義務を有する。
   
         
  第6章 会議    
    (会議)    
 第11条    本会の会議は、総会、総務会及び理事会とする。    
      (総会)    
第12条    総会は、本会の最高機関で、全ての評議員で構成する。    
   2    総会は、年1回開催し、会長が招集する。ただし、会長が必要と認めたときは、随時開催することができる。    
   3   総会の議長は、その総会において、出席した評議員の中から選出する。     
     総会は、次の事項を決議する。    
    (1)  会則の改廃    
    (2)  事業計画及び予算    
    (3)  事業報告及び決算    
    (4)  加盟又は退会    
    (5)   役員の選出    
    (6)  特別会計又は積立金の管理及び処分    
    (7)  その他本会の運営に関する重要事項    
   5    総会は、評議員の過半数の出席により成立し、その議事は、出席評議員の過半数で決する。ただし、可否同数の時は議長が決する。    
    前項の場合において、議長は評議員として表決に加わることができない。     
    会議の出席は、委任状をもってこれに代えることができる。     
        (理事会)    
 第13条  理事会は、全ての理事で構成する。    
  2     理事会は、必要に応じて会長が招集し、その議長となる。    
  3     理事会は、この会則で定めるもののほか、次の議事を決議する。    
     (1)  総会に付議する事項    
     (2)  総会で決議した事項の執行に関する事項    
     (3)  総務会から諮問された事項    
     (4)  事業計画及び予算の変更に関する事項    
     (5)  事務局の組織及び運営に関する事項    
     (6) その他総会の決議を要しない会務の執行に関する事項     
  4    理事会の議事等は、前条第5項から第7項の規定を準用する。     
       (総務会)    
第14条     総務会は、全ての総務委員で構成する。    
  2     総務会は、必要に応じて会長が招集し、その議長となる。    
  3     総務会は、総会又は理事会に付議する重要事項の企画立案を行うものとする。    
  4     総務会の議事は、全て合議による。    
  5    総務会は、会長候補者選考委員会として会長候補者の選考を行うものとし、その選考の手続きは、別に定める。     
       
第7章 顧問
   
   
(顧問)
   
第15条
本会に顧問を置くことができる。
   
 2  
顧問は、本会の運営に指導助言ができる者とし、理事会の推薦により会長が委嘱する。
   
 3  
顧問は、会長の諮問に応じ、会議に出席して意見を述べることができる。
   
 4  
顧問の任期は、第10条第1項の規定を準用する。
   
   
第8章 賛助会員
   
   
(賛助会員)
   
第16条
本会に賛助会員をおくことができる。
   
 2  
賛助委員は、本会の趣旨に賛同し、活動のために諸支援を行う個人及び団体をいう。
   
 3  
賛助会費は、会費を納めるものとし、その額については別に定める。
   
       
第9章 会計
   
   
(経費の支弁)
   
第17条
本会の事務遂行に要する経費は、負担金、補助金、交付金、寄付金、会費 その他の収入をもって充てる。    
   
(負担金)
   
第18条
本会の加盟団体は、別に定める規定により負担金を納入しなければならない。
   
   
(事業計画及び予算)
   
第19条  

本会の事業計画及びこれに伴う収支予算は、会計年度ごとに会長が編成し、総会の決議を得なければならない。事業計画及び予算を変更する場合も同様とする。

   
      (事業報告及び決算)    
第20条
  本会の収支決算は、毎会計年度終了後2ヶ月以内に会長が作成し、事業報告とともに監事の意見を付し、総会の議決を得なければならない。    
    (特別会計及び積立金)    
第21条
  本会は、総会の議決を得て特別会計又は積立金を設けることができる。    
 2  
特別会計又は積立金の管理及び処分の方法は、その会計ごとに総会の議決を得なければならない。
   
      (会計年度)    
第22条
  本会の会計年度は毎年4月1日に始まり、翌年3月31日に終わる。    
         
   第10章 スポーツ少年団本部    
  (スポーツ少年団本部)      
 第23条 本会に島田市スポーツ少年団本部を置く。    
   2    島田市スポーツ少年団本部に関する規定、は別に定める。    
       
  第11章 事務局    
      (事務局)    
第24条
  本会に事務局を設け、次の職員をおく。    
事務局長 1名    
事務局職員 若干人    
 2  
職員を雇用するときは、総務会及び理事会の承認を得る。
   
      (その他)    
第25条
  この会則の施行について必要な事項は、理事会の決議を経て別 に定める。    
    附則    
      この会則は、平成17年5月5日から施行する。    
         附則    
      この会則は、平成25年4月27日から施行する。     
    附則    
       この会則は、平成26年4月26日から施行する。    
         附則      
       この会則は、平成29年4月22日かfら施行する。    
         附則      
       この会則は、平成31年4月20日から施行する。    
           
   
   
     (趣旨)    
第1条   島田市体育協会会則第5条第1項に規定する加盟団体(以下「加盟団体」という。)
に関し必要な事項を定めるものとする。
   
     (負担金)    
第2条   加盟団体は、島田市体育協会会則第18条の規定により毎年6月末日までに負担金を納入しなければならない。    
 2   前項の負担金は、各加盟団体に登録されている人数に50円を乗じて得た額とする。    
 3   前項による金額が10,000円未満の場合は、10,000円とする。    
   4    納入された負担金はいかなる理由があっても返還しない。    
         (提出書類)      
第3条   加盟団体は、毎年度6月末日までに、次の書類を提出しなければならない。    
    (1)   当該年度事業助成金交付申請書    
    (2)   前年度事業報告    
    (3)   前年度収支決算書    
    (4)   当該年度事業計画    
    (5)   当該年度収支予算書    
    (6)   当該年度口座振込依頼書    
    (7)    当該年度島田市体育協会加盟団体役員名簿    
    (8)     当該年度登録団体数等内訳    
    (9)     当該年度登録チームの名称、人数及び代表者    
 2   規約、その他提出書類及び選出した役員に変更があった場合は、速やかに届出なければならない。    
    (加盟の審査)    
第4条   島田市体育協会(以下「協会」という。)に加盟しようとする団体は、次の書類を提出し審査を受けなければならない。    
    (1)   加盟申請書    
    (2)   事務所所在地及び事務担当者名    
    (3)   団体規約    
    (4)   役員名簿    
    (5)   当該年度の事業計画及び収支予算書    
    (6)   登録チーム数及び人員    
        (役員の選出)     
第5条   前条により、協会に加盟を承認された加盟団体は、直ちに負担金を納入し、島田市体育協会会則第8条の定めるところにより必要な役員を選出しなければならない。    
    (退会)    
第6条   協会を退会しようとする加盟団体は、理由を付した大会申請書を提出しなければならない。    
    (その他)    
第7条      この規則の改廃は、理事会において承認を得なければならない。     
       附則      
    この規程は、平成17年5月5日から施行する。    
    附則    
       この規程は、平成31年4月20日から施行する。